So-net無料ブログ作成
検索選択

四稜郭 [函館]

DSC04758.JPG


 

前回の記事「箱館奉行所(五稜郭)」では、何にもないことをいいことに四稜郭を話の枕で済ませてしまった。

しかし、このまま雪に埋もれてしまっては四稜郭に大変申し訳ないので、改めて記事にしたい。

とはいえ、やはり何にもないことには変わりがないのだけれど、何にもないようなことが、幸せだったと思う~♪

なんて歌もあるようだから、何にもないような四稜郭を、何にもないなりに書いてみる。

まずは、TOPの写真!

いい感じで、何にもないですね。(笑)

続きを読む


nice!(44)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

箱館奉行所(五稜郭) [函館]

DSC04784.JPG


 

館に「五稜郭」があるのは有名であるが、「四稜郭」(しりょうかく)というものがあるのをご存じだろうか?

いえいえ、嘘ではありません。

地元の人ならば、小学校の遠足などで一度は出かけたことがあるはずです。

この「四稜郭」、「五稜郭」と同じ洋式築造法にならって当時の蝦夷共和国、いや旧幕府脱走軍が築いたもので、明治2年(1869)の竣工。

京唄子の旦那、鳳啓介が設計したと言われ…… 

ん?

いや、旧幕府脱走軍 陸軍奉行の大鳥圭介が設計したとも言われ、その形は蝶が羽を広げたように四角い「四稜」の形をしている。

「五稜郭」から約3km離れた丘の上にあり、歴史上すこぶる貴重な史跡なのだ。

すこぶるといっても、何もコワモテの旦那のように「すごぶる」わけではない。

昭和9年(1934)、国指定の史跡となるものの知名度は低く、ずいぶんと扱われ方がぜんざい、いや、ぞんざいであった。(笑)

それもそのはず。

ここは、一般の観光客にとって何一つとして見どころがないのだ!
 

蝶の羽といわれても、上から見て初めてその形がわかるのだが、近くに見下ろすような高い建物は何一つない。

いや、築造以来、未だかって高い建物などあったためしがなく、その姿はナスカの地上絵のごとく神か鳥にしか判別できない。

売店もない。

お堀もない。

言ってみれば、ただの土手。

何もないのは襟裳岬だけではなかった。

この「四稜郭」こそ、正真正銘の  ♪ なにも~ない~  観光地なのだ!

それがこれ ↓

続きを読む


nice!(29)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

旧衛生湯(現美容室あみん) [函館]

PICT1572'''.JPG


 

ここは、銀座通りのとある一角。

いや、銀座と言っても東京ではありません。

函館の銀座のことです。(笑)

続きを読む


nice!(33)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

民宿 室屋 (旧森卯兵衛商店) [函館]

PICT0244'.JPG

 

うなぎの蒲焼ってのは、洋食かい? 和食かい?

へいっ! 答えは洋食。

うなぎだけに、養殖うなぎ。(笑)

続きを読む


nice!(37)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

旧小林写真館 [函館]

PICT0073'.JPG

 

ここでクイズ!

「彼理」または「伯理璽」と書いて、何と読むでしょうか?

(ヒント)黒船に乗ってやって来た、有名なアメリカ人の名前。

続きを読む


nice!(48)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

旧リューリ商会(現合名会社川越電化センター) [函館]

PICT1683'.JPG

 

ワン テウ スレム 

フキノ ハヒノ セミノ 

セウン ナコン エテ テン……

 

さて、これは何でしょう?

続きを読む


nice!(36)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

旧金森洋物店(現市立函館博物館郷土資料館) [函館]

PICT0162'.JPG

 

ここは、廃屋ではございません。

お正月休みで、お店が閉まっているだけです。(笑)

続きを読む


nice!(41)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

旧遠藤吉平商店(元コーヒーハウスJOE) [函館]

PICT0211'.JPG


 

男児志を決して千里を馳(は)す、

自ら辛苦を嘗(な)めて豈(あに)家を思わんや……


……新島襄(新島襄海外渡航乗船の処より)

続きを読む


nice!(38)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

旧野口梅吉商店 [函館]

PICT0096'のコピー.jpg


 

あたらしき心もとめて

名も知らぬ

街など今日もさまよひて来ぬ


 

……石川啄木 『一握の砂』 より 

 

続きを読む


nice!(37)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

敗軍の将 [函館]

PICT0207'.JPG


 

煉瓦工場は、その後廃れて、

煉瓦工場は、死んでしまった

煉瓦工場の、窓も硝子も、

今は毀れてゐようといふもの


 

続きを読む


nice!(41)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

太刀川家住宅店舗・洋館 [函館]

PICT0180'.JPG

 

ここは、どこ?

わたしは、だれ?

うっ!

…………………



気が付くと、もう夏も終わろうとしている。

新聞を読むとのりぴーが大変なことになっているし、芸能界は白い粉騒ぎで大わらわ。

大原麗子も、山城新伍も鬼籍に入ったと聞く。

巷では新型インフルエンザが猛威をふるっているということだし、何とかボルトと言う選手がものすごい記録で走ったとみんな騒いでいる。

すでに政権は民主党に変わっているし。

いや、これはまだちょっと気が早いか?(笑)

とにかく、今年初めての日記更新です。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

宗男でございます。

たいへん、お久しぶりでございます。(ぺこり)

ようやく、冬眠から目が覚めました。

続きを読む


nice!(31)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

中華会館 [函館]

 

このところ、ミシュランガイドなるものが話題に上っている。

はじめ聞いた時、「見知らんガイド」と聞こえたのは宗男だけでしょうか?(笑)

なんでも、覆面をかぶった調査員が、カタコトの日本語で、鉛筆なめなめ、メモを片手にお店に現れるという。(←かなり風評にだまされている)

店側は☆が欲しいので、サービスを良くするとも?

これからは覆面をかぶってレストランへ入れば、誰でも一流のサービスが受けられるかもしれない。(笑)

いえいえ、よい子は決して真似してはいけませんよ。

特にコンビニ銀行へ行く時には、覆面を取ってから入りましょう。(笑)

続きを読む


nice!(53)  コメント(47)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

旧丸井今井百貨店函館支店 [函館]

 

丸井といえば、赤いカード!

と、言ったのは二昔も前のこと。……

今ではこの赤いカード、すっかりサッカーのレッド・カードにお株を奪われている。(笑) 

 

♪ クレジット っで ボンジュール~

若いあなたの 宝屋っ ♪ 

 

す、すいません。(汗)

この歌はローカルすぎて、誰もわからないですね。(笑)

続きを読む


nice!(52)  コメント(49)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

十字街の操車塔(そうしゃとう) [函館]

妖怪戦争から逃れた鬼太郎は、一時期ここに引き籠っていた。

――という、都市伝説がある。

いえ、伝説ですからあんまり信じないでください。

って、信じる人はいませんね~。(笑)

続きを読む


nice!(48)  コメント(42)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

高龍寺の防火塀 [函館]

 

「隣の家に、囲いができたんだってねぇ~。」

「ヘぇ~。」

 

 ……すいません。

最近、親父ギャグが枯渇してきました。(笑)

続きを読む


nice!(43)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。